自然体を大切に

あまりくだけすぎないようにする

結婚式の招待客が決まったら、招待状の作成に取り掛かります。自分たちでオリジナルの招待状を作成したいと言う場合は、結婚式のスタイルによってデザインや文面を変えるのが基本です。例えば、神前式などの伝統的な挙式スタイルなのに、キャラクターが描かれている招待状では合わないです。カジュアルな結婚式をするのに、堅すぎる文面の招待状では招待客が混乱する可能性があります。結婚式のスタイルと招待状の雰囲気は合わせるようにしましょう。自然体を好む人は多いですが、招待状なので、ある程度の礼儀はわきまえるようにしましょう。

招待状の基本とマナー

自分たちで招待状の文面を考える場合、いつ誰がどこで式をするのかを忘れずに書きます。式場名については、住所と電話番号も忘れずに記載しましょう。会場までの地図や駐車場の有無などを記載しておくのも重要です。 カジュアルな結婚式ならば、そこまで文面に気を使う必要は無いですが、招待状の文中には句読点を打たないと言うことは覚えておくことです。また、スピーチや余興をお願いしたい人には、その旨を書いた紙を同封して送ります。 現在では、差出人の名前は結婚する本人の連名が主流になっています。しかし、格式を重んじるならば両家の父親の連名で送ることです。本人同士の連名にする場合は、親からの一言を添えるケースもよくあります。